頭皮・髪の毛に悩みを抱える全ての男女へ向けた頭皮ケアサイト

頭皮専科

頭皮が臭い原因はアミノ酸系シャンプーにあるかもしれない

頭皮の臭い匂い

頭皮から臭い匂いが…その原因シャンプーにあるかも!?

投稿日:

以前読者さんからこのような相談を受けました。

「頭皮の臭い効果のあるオススメシャンプーはありますか?

前までラウレス硫酸Naが配合されたシャンプーを使っていたのですが、今はジュレームなどのアミノ酸シャンプーを使っています。

しかしアミノ酸シャンプーは頭皮臭に効果があると聞いたのに、全く臭いが消えません!」

というものでした。これは多くの方が間違いがちな「アミノ酸シャンプーとアミノ酸系シャンプーを混同」してしまうことで起きる問題ですね。

実は良かれと思って使っているシャンプーが、アナタの頭皮が臭う原因を作っているかもしれません。

アミノ酸シャンプーとアミノ酸系シャンプーの違いとは

アミノ酸シャンプーとアミノ酸系シャンプーの違い

アミノ酸シャンプーとアミノ酸系シャンプーの違いを知っていますか?

頭皮の臭いに効果があると聞き、良かれと思って使っているアミノ酸シャンプーが実は「アミノ酸系シャンプー」なんて話は非常によく聞きます。ではアミノ酸シャンプーとアミノ酸系シャンプーの違いを解説します。

シャンプーの主洗浄成分が違う

シャンプーの主洗浄成分というのは、裏面の成分表の項目に書いてあります。

まず「水」という表記があり、次に書かれている成分がそのシャンプーの主洗浄成分です。

なぜ断言出来るかというと、シャンプーの成分表記にはルールがあり、含有量の多い順に記載しなければいけないからです。

主洗浄成分がオレフィン(c14-16)スルホン酸Naの場合の表記

水の次の成分が主洗浄成分だよ!

この画像のが非常に分かりやすいですね。画像のシャンプーは「オレフィン(c14-16)スルホン酸Na」という石油系界面活性剤を使用したシャンプーです。説明したとおり水の次に表記されています。

そして上記のシャンプーは「アミノ酸シャンプー」であり、アミノ酸シャンプーではありません。

アミノ酸シャンプーであれば主洗浄成分は「ココイル〇〇、コカミド〇〇」という洗浄成分が水の表記されます。

しかし画像のシャンプーはココイルメチルタウリンNaとコカミドプロピルベタインも含まれていますが、メインとなる洗浄成分はオレフィンスルホン酸Naという硫酸系と同様のあまり良くない成分です。

頭皮の臭いに効果があるシャンプーはどっち?

結論からいいます、圧倒的にアミノ酸シャンプーの方が頭皮の臭い匂いに効果があります。

アミノ酸系シャンプーは主洗浄成分はあくまで、石油系界面活性剤でありアミノ酸界面活性剤はごく少量配合されているだけ、という場合が非常に多いです。

しかし「アミノ酸シャンプー」は主洗浄成分にアミノ酸系界面活性剤を使用しているので、その違いは段違いですよね。

 

 

なぜアミノ酸系シャンプーをアミノ酸シャンプーだと勘違いしてしまう人が多いのか

頭皮が臭い人がやってしまうシャンプーを選ぶ上でのミス

ではなぜ「アミノ酸シャンプーとアミノ酸系シャンプー」を間違えて使ってしまう人が多いのでしょうか?

私なりに理由を考察したので御覧ください。

ネットの情報

誤ったシャンプーの知識による原因

多くの方は自分の頭皮が臭いと感じたら、ネットで匂いの原因を調べると思います。

そうするとアミノ酸系シャンプーがオススメで効果があると目にするはずです。
実際それは間違っておらず、しっかりとした成分が配合された「アミノ酸シャンプー」なら効果があります。

しかし、パッと見ただけでは「アミノ酸シャンプーとアミノ酸系シャンプーは同じなんだ!」と思い込んでしまう人が非常に多いこと。

その誤った知識と情報からアミノ酸系シャンプーを買ってしまい、いつまで立っても頭皮の臭いが解消されない場合もあると思います。実際にヤフー知恵袋を見てみると、全く同じ状態の人を見つけました。

シャンプーについてです。髪は細めです。

当初はラウリル硫酸アンモニウムなどが入っているシャンプーを使っていましたが、夕方になると頭皮がべたつき、臭く、髪の毛が塩素っぽい臭いがしたため、

アミノ酸が入っているシャンプー(ビオリス、ジュレームの黄色、clearなど)にしましたが朝には頭皮が臭く、ラウリル硫酸アンモニウムのシャンプーよりもべたつき始めるのがはやいです。

アミノ酸が入っているのはアミノ酸シャンプーではないのでしょうか、、
頭皮の匂いがなくなるような オススメのシャンプー教えてください!

引用元:ヤフー知恵袋

この方が使っている「ジュレーム」というシャンプーはアミノ酸シャンプーではありません。アミノ酸系シャンプーです。

恐らくネットでアミノ酸が効果があると効き買ってみたももの、実はアミノ酸系シャンプーだったというオチですね。

このままでは頭皮の臭い、ベタつきは治らないと個人的に思いますね。

メーカーの戦略

メーカの戦略に騙されているのが原因

次にシャンプーメーカの戦略です。

アミノ酸成分は原価高く、しっかりとしたアミノ酸シャンプーほど価格も高めです。

しかしそれでは万人受けはしません、そこでアミノ酸成分を配合しつつも
メインとなる主洗浄成分には石油系界面活性剤を使うことで、値段を抑えるという仕組みです。

この戦略のうまいところは「アミノ酸成分」を少なからず配合しているので、「アミノ酸系シャンプー」と名乗れてしまうところですね。

無知な人ほど、値段とキャッチコピーに騙されてしまうので要注意です。

まとめ

シャンプーを選ぶ上で大切なのは知識です。知識がなければ効果のないシャンプーを掴まされてしまうこともあります。
先程の頭皮の臭いで悩んでいる、ヤフー知恵袋の人がいい例ですね。

なので自身で成分を見分ける知識をつけ、自分にマッチした最高のシャンプーを見つけましょう!

オススメのアミノ酸シャンプーランキングもありますので、是非チェックしてみてくださいね♪

-頭皮の臭い匂い

Copyright© 頭皮専科 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.